人妻にムラムラしちゃう男たち

誰かの女がほしくなる

まさか人妻とは

2月 3rd, 2015

近所のスーパーに行ったら、男性と買い物をしている女性に見覚えがありました。しかし思い出せません。知っているのになにかおかしいというような感じでもやもやしていたのですが、わかりません。
結局わからないままレジに向かうと、ちょうど二人が私の前に並んでいました。そして会話が聞こえてきて、気づきました。たまに行く、池袋の風俗の女の子でした。声のトーンは違ったのですが、笑った時の声が同じでした。化粧はすっぴんに近いのですが、顔立ちが派手な感じなのでわかりました。
彼氏かとも思ったのですが、聞こえてくる会話が、一緒に住んでいるような感じのことを言っていますし、また関係性がもっと近そうなので夫のようです。ということは人妻だったのでしょうか。全く気づかず、むしろ年齢はぎりぎり18歳をこえているくらいなんじゃないかと思っていました。
一瞬彼女が振り返って私を見たのですが、表情は変わらなかったので気付かなかったのでしょう。そう思って見送っていたのですが、ふと、通りすぎてから彼女がこっちを見て、笑いました。やはり彼女は私の知っている彼女だったようで、手を振ったのですが、それに対してはなにも反応してくれませんでした。

おなかのたるみ具合がたまらんのです

11月 11th, 2014

私は無類の熟女好きで最近もスーパーのレジを打っている人妻をナンパして他の店員さんに注意されてしまうという恥ずかしい思いをしてしまいました。このモヤモヤ感を払拭させたくてコミュニティサイトに登録して熟女との出会いを見つけようと努力しているのですが全くといっていいほど熟女に出会うことができないでいます。

こうなったら熟女がたくさんいる風俗で欲望を全部満たしてやろうと一生懸命仕事を頑張ってボーナスがはいるのを待ちました。株価も好調ということもあってわが社では二十年ぶりにボーナスがアップして私の懐は久しぶりに分厚くなりソープランドもハシゴできるぐらいです。

私は初めて池袋の風俗に行ってみようとパソコンでサクサク検索してみたらサービス満載の風俗店が多くあって、その中でも熟女系や人妻専門が充実していて胸を踊らせながらお店に入店しました。皆さんスタイル抜群でとても熟女には思えない女性ばかりで選ぶのに数分かかってしまいました。

指名した熟女はおへそ周りのお肉が少々ついておりい、いかにも熟れているという体型でした。たっぷりのローションを高い位置かベットリと塗られて、熟女の肉体が私の体の上を縦横無尽に動き回り若い者には全然負けていないという印象でした。

誰かの女とセックスしたい

8月 29th, 2014

jrtmmtjjj

彼氏のいないフリーな女とセックスするのが一番安心な楽しみ方です。
でも俺は、心のどこかに危険な遊びを欲しがる性質を持っているようで、つい彼氏のいる女を誘ったりしてしまいます。

早く言うと、「誰かの女とセックスしたい」という略奪的なセックスに燃えるのです。
高校時代は友達の彼女を誘ってセックス三昧な毎日を送っていました。
その女たちは、自分の彼氏よりセックスの上手な俺を手放したくないのか、彼氏には口を割らない子ばかりでした。

そして大学生になり、俺が目をつけた女は旦那や子供のいる人妻でした。
これが俺の中で大ヒット!
猛烈な興奮を楽しめる人妻とのセックスになってしまったのです。

「旦那より上手・・・」「旦那よりチンコが大きい・・・」「旦那よりアイシテル・・・」
そんな言葉を自然と言わせてしまうほど、俺のセックステクニックは向上していました。

しかし、人妻を見つけるのは至難の業。そう簡単にセックスさせてくれる人妻はいません。
そこで俺は、簡単に人妻とエッチができる人妻風俗を利用することもあります。

この風俗に行けば、そこには正真正銘の人妻しか在籍していません。
その中から自分が一番気に入った人妻を選び、あとは俺のテクニックで落とすだけなのです。
サービス中はマンコ&チンポのセックスは禁止されているので、プライベートで誘うのです。

そしてまた一人の人妻をセフレとしてゲットし、飽きないセックスライフを楽しんでいます。

PR
人妻風俗で遊ぼう